保険の裏口
  1. ホーム
  2. 自動車保険

本気で語るよ!賢い自動車保険の選び方

自動車保険とはどんな保険?

基本は5つです。

  1. 対人 相手をけがさせてしまった時の補償です。無制限が良い。
  2. 対物 相手のモノ(車など)を壊してしまった時の補償です。1000万以上が望ましい。
  3. 車両 自分の車に対する補償です。車両価格を調べて決定します。
  4. 人身傷害 自分の車に乗っている人すべてに対する補償です。治療費や精神障害、休業補償など、実際にかかった費用を事故者の過失割合などに関係なく支払われる補償。
  5. 搭乗者傷害 自分の車に乗っている人すべてに対する補償です。死亡時や後遺障害のときはあらかじめ設定された金額を補償、ケガの場合は実費補償(保険会社により異なります。

どんな人が必要な保険なの?

自動車事故自動車を購入すると「自賠責保険」に強制加入させられますが自賠責保険では「対人」しか補償されません。しかも死亡保険金は一人当たり3000万円まで、後遺障害の場合は最大でも4000万円までしか払われません。多くの場合、対人で請求される金額は1億円を超えていますので、自賠責保険だけではまかなえません。そこで、自賠責保険以上の対人補償と、それ以外の損失補償を補うのが「任意保険」になります。これがいわゆる自動車保険の役割です。ですので事故を起こしたときにきちんと支払いができるように、ドライバーのほとんどが自動車保険に入ります。

保険料の相場は?

「代理店系」と「ダイレクト系」で異なります。「代理店系」は東京海上やあいおいニッセイ同和損保のように損保の代理店を通して加入するタイプ。特約が多く各社特徴があります。「ダイレクト系」はインターネットなどで直接加入するタイプ。保険料が安いのが特徴です。今はインターネット経由で加入された方が割引なども適用されてお得です。また、ネット契約の場合は早期継続割引なども併用するとさらに安くなります。

また、自動車保険には「等級」というものがあります。年齢や運転歴、事故歴、保険利用歴などの条件を考慮し決定される割引率の等級です。これらの等級は各保険会社間でも共有されますので、A社で10等級だったけどB社に移ったら9等級に下がったということはありません。6等級か7等級からはじまり、無事故であれば毎年一等級づつ上がってゆきます。最高ランクは20等級で割引率は約63%です(改正されるので要注意)。

自動車保険が高くなるのは「事業用や通勤通学で使用している場合」と「車両保険額が多い場合」です。個人のレジャー用や、車両保険なしだとかなり安く加入することができます。事業利用は安く抑えたいところですが、同乗者が多い場合などは事故時の補償額で事業破産することも多いので多少高くてもしっかり加入しておく方が絶対お得です。

車両保険は新車の場合は購入額と同じ程度を設定しておけば、買ってすぐに全損しても買い換えができますが、2年目以降は中古車相場を調べて同じ程度の車が買える程度の価格で設定した方がお得です。ほとんどの方は多くかけ過ぎています。事故時に相手がいる場合は、過失割合に応じて相手の対物保険から支払われ、残りを自己過失割合に応じて自身の車両保険で補います。自損事故の場合は車両保険が多いに役立ちます。ちなみに筆者は車両保険をつけない派なので年間自動車保険料は毎年2万円以下です。

お勧めの自動車保険は?

ソニー損保自動車保険は保険料も安いですしロードサービスもしっかりしていて安心感があります。保険料の安さだけではなく実際に事故にあった時の対応も選ぶときには大切なポイントになりますが、筆者が実際に加入して良かったと思うのはチューリッヒ自動車保険。加入から退会まで本当に親切で丁寧でしたし、なんと言っても保険料金が一番安かったです。車両保険なしでもありでもどこよりも安かったです。二番目はアメリカンホーム自動車保険。保険料はチューリッヒより少し高かったですが、事故対応と支払いの良さはストレス無しでした。

チューリッヒのオペレーターには驚いた!
愛車がメンテ不良で廃車になり、保険の中途解約の為にチューリッヒに電話しました。こちらとしては電話してサッサと済ませたかったのに「お客様は20等級ですので中断手続きを~」という話になり、長くなりそうだったので面倒臭くなりイラットして電話をブチ切りしました。自暴自棄になっていたので「あーもう面倒臭ぇ!」という感じだったのですが、その後すぐに電話がかかってきて「お電話が切れてしまい誠に申し訳ございません」と陳謝。こっちが切ったのに・・・。さらにこちらの状況を察して「今すぐご返金しますので数分お待ち下さい・・・返金完了しました。後日「中断申請書」を郵送させていただきます。お忙しいところ失礼いたしました」と凄い時短トークで電話を切りました。

普通だったら「ちっ!せっかくお得な条件で中断させてやるって言ってるのにアホな客だぜ!」となるところなのに、身勝手なお客の都合でも丁寧に詫びてくるオペレーターに「もの凄く悪い事をしたな」と恥ずかしくなってしまいました。後日中断契約書が届き、必要事項を記載して63%割引が維持されたわけですが、あのときオペレーターさんが機転を利かせてくれなかったらまた6等級からのスタートなわけです・・・ほんと・・・ありがとうございます。もうずっとチューリッヒで入らせていただきます!って気持ちになりました。この場を借りてお詫びさせて頂きたいと思います。ほんとすみませんでした。